読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

swing 4.

昨日、ふとした言葉から、相手があるポイントにおいて私のことを小馬鹿にしていることに気づいてしまった。それは私が投げた言葉への返しだったから、自分が蒔いた種のような感じではある。地雷はどこに潜んでいるかわからないものだ。

 

実家の祖母が呆けてきたそうだ。92歳、仕方ないだろうと思う。母が祖母を定期健診に連れて行き、呆けの症状を話すと、医師は3年前から気づいていました、と言ったらしい。医者側から切り出すことはできなかったのだろう。

今年のお正月に会った祖母はやさしくなっていた。おとなしい祖母だった。元気だったころの祖母が何にでも口を出し、母をこき使う人だったことを思えば、あのおとなしさは「症状」だったということになる。不思議なことに、おとなしい祖母を見るとそのか弱さに、ちゃんとしてあげなければと思うようになった。

私が本が好きなのも、洋服が好きなのも、きれいなものが好きなのも、祖母の影響なのは間違いない。感謝している。